【組織戦略】VUCAを生き抜く「ゼロ地点」を考える力とは 荒木博行氏に聞く

レポート

【組織戦略】VUCAを生き抜く「ゼロ地点」を考える力とは 荒木博行氏に聞く

予期せぬ新型コロナウイルスの世界的流行から、人々の生活だけでなくビジネスのスタイルも大幅な変容を求められた2020年。東京五輪の延期など、誰もが予想し得なかったことが平気で起こる、この「不確実な時代」において、企業や組織はどうあるべきか。

「窮地に立たされた時、『ゼロ地点に戻って考えましょう』と言える人がどれだけいるのかが組織において重要」と語るのは、『ストーリーで学ぶ戦略思考入門』(ダイヤモンド社)、『世界「倒産」図鑑』(日経BP)の著者であり、株式会社学びデザイン代表取締役社長の荒木博行氏だ。

8月4日に行われたウェブセミナーで、激動の時代に対応しサバイブしていける組織戦略の秘訣を聞いた。

聞き手を務めたのはNewsPicks for Business編集長の林亜季。

文=上沼祐樹、トップ写真=岩井俊樹

登壇者

【組織戦略】VUCAを生き抜く「ゼロ地点」を考える力とは 荒木博行氏に聞く

荒木 博行

株式会社学びデザイン 代表取締役社長

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、住友商事入社、人材育成に関わる。その後、グロービスに入社。グロービス経営大学院でオンラインMBAの立ち上げや特設キャンパスのマネジメントに携わる。2015年、グロービス経営大学院副研究科長に就任。2018年、同社を退社後、株式会社学びデザインを設立し、代表取締役に就任。Voicy「荒木博行のbook cafe」にて、毎朝書籍を紹介するとともに、書籍要約サービス「フライヤー」のアドバイザー兼エバンジェリストも務める。武蔵野大学教員就任予定。著書に『世界「倒産」図鑑』(日経BP)、『見るだけでわかる! ビジネス書図鑑』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

【組織戦略】VUCAを生き抜く「ゼロ地点」を考える力とは 荒木博行氏に聞く

林 亜季

NewsPicks for Business 編集長 / AlphaDrive 統括編集長

2009年、記者として朝日新聞社に入社。地方での記者経験後、新ビジネスの開発や投資などを行う「メディアラボ」で複数の新規事業立ち上げに携わった。経済部記者を経て同社を退社。2017年、ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパンに入社。ハフポスト日本版の広告事業を統括するPartner Studio チーフ・クリエイティブ・ディレクターとして初の黒字化に貢献。2018年7月、アトミックスメディア(現リンクタイズ)に入社し、Forbes JAPAN Web編集部副編集長 兼 ブランドボイススタジオ室長に就任。同年12月から2020年6月までForbes JAPAN Web編集長を務めた。東京大学法学部卒。

* 必須項目