事業を生み出し続ける新規事業プログラム運営の極意

受付終了

2020年7月15日(水) 18:30~19:30

事業を生み出し続ける新規事業プログラム運営の極意

企業を取り巻く外部環境が目まぐるしく変化し続け、製品のライフサイクルも短くなる一方である現在。時代の変化に対応し、企業としての持続的成長を成し遂げるために、「新規事業」への注目は集まり続けています。
しかし、大企業の中から新規事業を生み出そうとする事務局組織の方々の声を聞く中で、以下のような悩みを耳にします。

・「アイデアコンテスト」で終わってしまって、実際の「事業創出」に繋がっていない。
・継続性を持って運営出来るイメージが湧かない。
・長期的な事業創出のための戦略と手法が分からない。
・社内にチャレンジングな風土/カルチャーが醸成されていない。

そのような皆さまの課題解決の一助とすべく、長期に渡り継続で新規事業制度を運営し、その中から次々と新規事業/子会社を生み出し続けている「SBイノベンチャー」の事業推進部 部長を務める佐橋氏をゲストとしてお招きし、『持続性のある新規事業創出の仕組み』についての学びの機会を提供します。

※本セミナーは抽選制となりますのでご了承ください。

<こんな方におすすめ>
・大企業の中で新規事業開発プログラムを運営する事務局担当の方
・大企業の中で新規事業創出のミッションを持っている方

開催日

2020年7月15日(水)
18:30~19:30

会場・アクセス

今回は会場での開催はございません。
当選者のみにオンライン配信用のURLを送付いたします。

タイムテーブル

18:30~18:35

オープニングセッション

18:35~18:45

【講演】SBイノベンチャーにおける制度設計/運営について

SBイノベンチャー株式会社 事業推進部 部長
佐橋 宏隆 氏

 

18:45~19:15

パネルディスカッション
※新規事業制度運営について、パネル形式で様々な角度から議論します。
モデレーター:株式会社アルファドライブ 執行役員 古川 央士
パネラー:SBイノベンチャー株式会社 事業推進部 部長 佐橋 宏隆 氏

 

19:15~19:25

質疑応答

 

19:25~19:30

クロージング

登壇者

事業を生み出し続ける新規事業プログラム運営の極意

佐橋 宏隆

SBイノベンチャー株式会社
事業推進部 部長

ソフトバンクBB株式会社(現ソフトバンク株式会社)入社後、人事部門を経てソフトバンク株式会社(現ソフトバンクグループ株式会社)社長室へ異動し、グループの中長期戦略策定や新規事業PJ等を担当。東日本大震災の後、エネルギー事業の立ち上げのためSBエナジー株式会社を設立し、事業企画部長として、メガソーラーを中心とした再生可能エネルギー事業を推進すると共に関連投資先の役員も兼任。2014年より現職にて、ソフトバンクにおける社内起業プログラムの設計・運用・審査、および個々の事業の成長支援を推進する。

事業を生み出し続ける新規事業プログラム運営の極意

古川 央士

株式会社アルファドライブ
執行役員

青山学院大学卒。学生時代にベンチャーを創業経営。その後、株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に新卒入社。SUUMOでUI/UX組織の起ち上げや、開発プロジェクトを指揮。その後ヘッドクオーターで新規事業開発室のGMとして、複数の新規事業プロジェクトを統括。パラレルキャリアとして、2013年より株式会社ノックダイスを創業。2015年にはカフェ・バー「Bottles」をオープン。2018年にはイタリアンレストラン「trattoria filo」をオープン。またNPOでの活動や、一般社団法人の理事などを兼任し、数多くのイベントをオーガナイズ。社内新規事業や社外での起業・経営経験を元に、2018年11月、株式会社アルファドライブ執行役員に就任。リクルート時代に1,000件以上の新規事業プランに関わり、10件以上の新規事業プロジェクトの統括・育成を実施。アルファドライブ参画後も20社以上の大企業の新規事業創出シーン、1,700件以上の新規事業プランに関わる。